vsftpdインストール
yum -y install vsftpd
vsftpd.conf編集
vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf
編集内容
anonymous_enable=YES
↓
anonymous_enable=NO ←変更(anonymous(匿名)のログインを許可しない。)

#xferlog_file=/var/log/vsftpd.log
↓
xferlog_file=/var/log/vsftpd.log ←コメント解除(ログファイルの指定)

#ascii_upload_enable=YES
↓
ascii_upload_enable=YES ←コメント解除(ASCIIモードでのアップロードを許可)

#ascii_download_enable=YES
↓
ascii_download_enable=YES ←コメント解除(ASCIIモードでのダウンロードを許可)

#chroot_local_user=YES

chroot_local_user=YES ←コメント解除(デフォルトでホームディレクトリより上階層への移動を禁止)

#chroot_list_enable=YES
↓
chroot_list_enable=YES ←コメント解除(ホームディレクトリより上階層への移動を許可するリスト)

#chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
↓
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list ←コメント解除(上記ユーザーの指定ファイル)

#ls_recurse_enable=YES
↓
ls_recurse_enable=YES ←コメント解除(ディレクトリごとの削除を許可する)

listen=NO
↓
listen=YES ←変更(IPv4を許可)

listen_ipv6=YES
↓
listen_ipv6=NO ←変更(IPv6を許可)

↓最終行に下記を記入
# VSFTPD configuration
pasv_enable=YES
pasv_addr_resolve=YES
pasv_address=ftp.centos.orz
pasv_min_port=4000
pasv_max_port=4029
use_localtime=YES
ssl_enable=YES
rsa_cert_file=/etc/pki/tls/certs/ftp.pem
#require_ssl_reuse=NO
force_local_logins_ssl=NO
force_local_data_ssl=NO
force_dot_files=YES

 

/etc/hosts.allow編集

echo "vsftpd: ALL" >> /etc/hosts.allow

 

chroot_list編集

echo user_name >> /etc/vsftpd/chroot_list

 

vsftpd起動

systemctl start vsftpd.service
systemctl enable vsftpd.service