前回、CPIサーバーにLaravel5をインストールしたので

ログイン認証までやっていきたいと思います。

記事の執筆時点での設定です。
2017年9月26日
Laravelバージョン 5.5
CPIサーバー ACE2017
phpバージョン 7.1
mysqlバージョン 5.6
マイグレーションでエラーが出る場合はコチラを参照して下さい。

DB設定情報を書き込む

html/laravel/.envファイルを編集追加します。

DB_CONNECTION=mysqlDB_HOST=127.0.0.1DB_PORT=3307DB_DATABASE=データベース名
DB_USERNAME=データベースユーザー名
DB_PASSWORD=データベースパスワード

必要な項目を入力してください。

ココで注意が必要なのがポートのデフォルト値が3306になっていますので
CPIのMysql5.6のポートは3307なので間違えないようにしてください。

これで準備は完了です。

Laravel5にログイン認証機能を実装

まずは、テーブルを作成します。
コマンド実行する場所はhtml/laravelで

php-7.1 artisan migrate

これでテーブルが作成されました。

次にログイン認証機能を有効にします。

php-7.1 artisan make:auth

これで右上にLOGINボタンが増えたと思います。

以上ログイン認証機能実装でした。

不具合などございましたらお気軽にご連絡ください。