下記のコードはカラーミーショップで一覧を表示するループです。

ココで重要なのは赤い字の部分group-<{$group[num].id}>と言うところです。

コレは、どのような作業をしているかというと一覧表示した項目の1つ1つにgroup-1111や2222などのカテゴリの番号のついたClass属性をliに1つ1つ付けて行っています。

Classで特定できれば後はCSSで該当のクラスを

.group-111や222{display:none;}を指定すれば非表示に出来ます。

<{section name=num loop=$group}>
    <{if $smarty.section.num.first }>
        <div class="group">
            <h3>グループ</h3>
            <ul>
    <{/if}>
    <{if $group[num].img_url != ""}>
        <li class="group-<{$group[num].id}>">
            <a href="<{$group[num].link_url}>">
                <img src="<{$group[num].img_url}>" />
                &lt;{$group[num].name}>
            </a>
        </li>
    <{else}>
        <li class="txt>">
            <a href="<{$group[num].link_url}>">
                <{$group[num].name}>
            </a>
        </li>
    <{/if}>
    <{if $smarty.section.num.last }></ul>
        </div>
    <{/if}>
<{/section}>